Numeri

1/11 コーラ生活vol.1(ブロマガというサイトで書いた日記です)

コカコーラが好き!死ぬほど好き!あの赤い魔物のような洗練された魅惑のボディ、蓋を開いた瞬間にほとばしる極上のサウンド、まるで地域の神輿祭りのように賑やかに近づいてくるシャワシャワという小気味よいサウンド。全てが極上で最上級で、それ以上でもそれ以下でもない孤高のポテンシャルを秘めた魅惑のドリンク、コカコーラ。

僕がどれくらいこのコカコーラを愛してるかというと、例えば世界核戦争が起きて草木も死に絶え、生き残った一部の人間で暴力のみが支配する絶望の世界が形成されたとする。そうなった場合、生き残った僕とジュリアは拳王を倒すために荒涼な大地を旅をするのだけど、当然、文明社会の名残であるコーラを巡って骨肉の争奪戦が繰り広げられることになる。アメリカンバイクに乗ったモヒカンがコーラ狩りと称してコーラを持った老夫婦を襲う。「命だけはお助けください」そう懇願する老夫婦に容赦なく襲い掛かるモヒカンの鞭。それを物陰から覗いていた僕とジュリアは正義の怒りに打ち震え、老夫婦を救うためにモヒカンをなぎ倒すのです。ジュリアはテコンドー使いの美少女だ。老夫婦は腰が折れるんじゃないかというくらいお礼をすると、お礼にコーラを受け取ってくれという。そこで僕は言うわけですよ、「それは冥土の土産にとっときな!俺の爺ちゃんもコーラ好きでな」それを見ていたジュリアが僕にゾッコンですよ。その夜は廃墟で暖を取って一夜を明かすことになるのですが、焚き火の向こうでは裸になったジュリアが。「こんなに筋肉だらけの女は嫌い?」「何を言ってる、この救いのない世界をお前が生き抜いてきた勲章じゃないか」「こんなに男に心奪われたのは初めてだよ、アタイ」「ふっ、さあこっちへ」こうして満天の星空の中、僕とジュリアは結ばれるのでした。

とまあ、どこから脱線したのかすら分からず、毎夜僕が寝る前に妄想している内容を赤裸々かつ思いのままに綴ってしまったのですが、それだけコーラを愛しているということは分かっていただけたかと思います。どれだけ愛しているのか例え話を持ち出すと今度は恐竜だらけの星に漂流してしまうので割愛しますが、具体的に言うと、それこそ常にコーラ、いつでもコーラといった具合でコーラを嗜んでいるのです。

飲食店に言った際、食事と一緒に頼む飲み物はもちろんコーラです。喉が渇いたなと自動販売機で購入する飲み物はコーラです。コンビニでは飲みたくなくても「まあ必要なものだしね」ととりあえず数本コーラを購入してしまいます。なんといっても、今のアパートに入居する決定打となったのは、アパートの一階にコカコーラの販売機があったからという徹底ぶり。それだけ僕とコーラは切っても切り離せない、そんな関係にあるのです。

僕が子供の頃、時代はバブル経済に狂喜乱舞していた頃ですが、そんな中にあってコーラは悪しき飲み物の象徴のような存在で御座いました。体に良くない飲み物、飲むと骨が溶ける、薬品をたくさん使ってるから飲むと病気になる、そんなことを言っては子供たちからコーラを取り上げ、そして子供たちの希望と未来と自我すらをも同時に奪ってしまう、そんな親が台頭し始めたのです。うちの母などは「コーラを飲むと気が狂う」とかとんでもないことを言っていました。

幼少時代に徹底してコーラから遠ざけて行う子育てを児童心理学の分野ではコーラコントロールと呼ぶらしいのですが、そうやって育てた子供は自我に目覚めるのが遅く、親離れが遅いといった興味深い研究結果が報告されています。また、このコントロールを行うことにより親の方も子離れをしにくくなるといった、まるで現代社会の病巣を如実に現したかのような側面を持つ事が最新の研究で分かっています。嘘です。

とにかく、少年だった僕にとってコカコーラは自立の象徴だったし、強く大きな自由という翼の代名詞だった。そして自由に浮かれてはきちがえてはならない、責任と義務の象徴だったのです。あのコーラを自由に自分勝手に飲めるようになることは、誰にも咎められない自分という自我の確立、そして何が起きても親を頼れないという心細さの現われだったのです。自由に飲めるほど自分でお金を稼げるようになる、けれども何が起きても自分の責任。親の庇護のもと生活している今はじっと我慢するしかない、そんな思いに駆られ、自由と独立の象徴たる飲み物、それがコーラだったのです。

アメリカでは、どんなに身なりが綺麗で金を持っている人間であろうともクレジットカードを持っていないというだけで社会的信用は地に堕ちるそうです。つまりクレジットカードの審査に適合する社会的信用がない人間と烙印を押され、どんなに他の部分で頑張ってカバーしきれないほどそこで勝負がついてしまうそうなのです。それと同じで、どんなに立派であろうと金を持っていようと、コーラを飲めない人間はダメです。社会的信用は地に堕ちます。まだ親離れもできていない坊やということですから、さっさと家に帰ってママのオッパイでもしゃぶってな!ってなもんですよ。それだけコーラは大人の象徴とも言える飲み物なのです。

今や僕も死に体とはいえ、いっぱしの社会人となりました。リストラに怯えまともに上司と目を合わせられないのですが、少ないながらも給与もいただいて細々と食いつないでおります。言うなれば一人の人間として完全に独立し、好きな時に好きなだけコーラが飲める生活を勝ち取ってしまったのです。僕を咎められる人間などどこにもいやしない。

この自由と自立を手に入れた時、絶対にやってみようと心に決めていたことが一つあります。それは「コーラを飲むと体に悪い」「骨が溶ける」「気が狂う」といった固定概念を自民党のごとくぶっ壊すこと。コーラは素晴らしい飲み物なんだ、自立と自己責任の象徴たる最高の飲み物なんだよ、と広く世界に伝えること。それがコーラに救われた僕にできる精一杯の恩返しだと思う。

というわけで、コーラを飲み続けても死にません、気も狂いません、逆に青汁の如く良い飲み物です、と伝えるため、本日2006年1月11日から1ヶ月間、コーラしか口にしない怒涛の生活を展開してみます。で、その様子をこのブロマガ内で週一のペースで報告。途中で連載が止まったら死んだと思ってください。

patoの1ヶ月コーラのみ生活
ルール
・期間は1月11日夜9時から2月11日夜9時まで
・コーラ以外口にしない(水は可)
・もちろん食物もコーラのみ
・コーラを利用した料理をする際の調味料は良しとする
・他の物を口にしたら負け、頭を丸刈りに
・ドクターストップがかかったら負け、頭を丸刈りに
・どうしても必要な栄養素をとる場合のみ、サプリメントの服用可

ちなみに、コーラの缶に書かれている栄養成分を挙げておきますと、コーラ100mlあたりエネルギー45kcal、炭水化物11.3g、ナトリウム7mg、たんぱく質や脂質などは0という武士のような潔さ。これだけ栄養成分があれば普通に生活していけます。

次に1ヶ月コーラ生活の前に地域の健康センターで調べてきましたので僕の体の諸データーも併せてどうぞ。これが1ヵ月後にどう変わってるのか必見です。

・29歳(今年30歳に!)
・身長188センチ体重86キロ(すごい太っててビックリした!)
・血圧166-121 脈拍78
・糖尿病の疑いありで医師に注意された経験あり
・視力が悪い

コーラの持つ悪い固定概念を払拭するため男は孤独で長い戦いに乗り出した。それは男が自立したことを証明する自分自身との戦いでもあった。拳王を倒すためジュリアとの戦いの旅は始まったばかりだった。次回に続く。

次回はコーラのみ摂取して1週間過ごした男の成れの果ての報告です。またコーラを使った料理のレシピを「patoちゃんの簡単料理レシピ」として掲載予定、乞うご期待!


1/18 コーラ生活vol.2

いやー、まいったまいった、先週のvol.1で「1ヶ月コーラで生活してやるぜ!」と声高らかに、なおかつ血気盛んに宣言したところ、心配する皆さんによるコメントの雨嵐。「やめてください!死にますよ!」とか僕のようなクサレを心配してくれる心温まるコメントが山のように。あまりの感謝に全部プリントアウトして神棚に飾ってしまったほどです。嘘です。

もっとこう、ブログのコメント欄ってやつは殺伐としているものだと思っていて、「pato死ね」「pato消えろ」「アフガンに行け」「童貞をもらってください」などと意味不明で辛辣な罵倒が展開され、そのうちコメントした人間同士で論争が巻き起こって骨肉の争いに、終いには重大事件に発展する、殺るか殺られるか、そんな世界だと勝手に思っていたのですが、まだまだ世の中捨てたもんじゃありませんね。心温まるコメントに全米が涙した。全僕が涙した。

しかしまあ、「コーラだけ飲んでも立派に生きていけることを証明してやる」と僕が言ってる側から「死にますよ」とは、これはいささか頂けません。心配して頂けるのは本当に嬉しいのですが、ちょっとそういうのは良くありません。

これからやろうとしているのにキッパリと「死にますよ」と断言されると弱いものがありまして、それならいっそ「死ね」の方が小気味良くて潔いのですが、例えるならばこれから僕がポートピア連続殺人事件をプレイしようとカセットを差し込み、接触が悪くて映らなくて接触部に息をフーフー吹きかけている横で「ヤス!ヤス!ヤス!犯人はヤス!」と連呼するようなものです。そういうのはちょっと芳しくない。

ということで、気を取り直して、おそらく世界で一番コーラが好きであろう僕の、そのうちコーラのCMの依頼がくるんじゃなかろうかと密かに期待している僕の「コーラのみ生活1ヶ月」の最初の1週間の記録に移りたいと思います。その前にルールを確認すると、

patoの1ヶ月コーラのみ生活
ルール
・期間は1月11日夜9時から2月11日夜9時まで。
・コーラ以外口にしない(水は可)
・もちろん食物もコーラのみ。
・コーラを利用した料理をする際の調味料は良しとする。
・他の物を口にしたら負け、頭を丸刈りに。もちろんここで公開。
・ドクターストップがかかった場合も負け。
・どうしても必要な栄養素をとる場合のみ、サプリメントの服用可。

となっております。とりあえず1週間コーラのみで生活してどうなったか淡々と見てみましょう。

1日目(1月11日)
この日は夜9時からコーラ生活開始と言うことで9時までに栄養を蓄えるために近所の焼肉屋へ。ジューシーな肉やライスを普段の1.5倍くらいの勢いで食し9時からのチャレンジに備える。その際にドリンクをオーダーしたのだけど何を血迷ったのかコーラを注文してしまい、ものすごい後悔の念に駆られる。何も今飲まなくても9時越えたら嫌でも飲まなきゃならないのに。

この日は焼肉でかなり満腹。9時を越えたのでここからはコーラしかダメ。帰り道のコンビニで買ったコーラを1本飲んで深い眠りにつく。

消費コーラ
ペットボトル1本(500ml) 計500ml

2日目(1月12日)
実質的にはこの日からが本番と言っても良い。恐ろしいことに目が覚めるといきなり腹が空いていた。もう空腹で空腹でどうしようもなくて無性に白米が食べたい気分に駆られる。初っぱなからこれだから先が思いやられる。そんな欲求は無限の彼方に置き去りにし、元気にコーラを飲んでいきます。

朝食(イメージ図)

昼食(イメージ図)

夕食(イメージ図)

ひどい。自分の事ながら画像で振り返ると笑える。動物園の動物でももっと代わり映えのする物を喰ってるかも知れない。そもそも食い物じゃなくて飲み物だからな。我ながらとんでもない。

しかしまあ、そこは無類のコーラ好きの僕ですよ。ここは難なくクリア。世のママさんたちが「夕ご飯前にコーラ飲むとお腹がふくれてご飯食べられなくなるよ」と言ってるとおり、コーラさえ飲んでいれば空腹感は全く感じませんでした。

夜食にコーラ2本飲んで寝る。

消費コーラ
ペットボトル12本(500ml×11 1.5L×1)計7.0L
累計(初日からここまでの累計)7.5L 

3日目(1月13日)
昨日は楽勝だぜと豪語したものの、早くも暗雲が立ちこめる。単刀直入に言うと、コーラに飽きた。もう見るのも嫌。コーラ嫌い。コーラ怖い。

なんていうか、目覚めた瞬間から口の中が甘ったるくて、起きた瞬間にゲップですからね。お酒の世界では二日酔いというれっきとした現象がありますが、いうなればこれは二日コーラみたいな症状。コーラなんか見たくもない。

日本には古来から妖怪や都市伝説にまつわる話が多数あります。それらの妖怪の多くには弱点があり、やれおはぎが怖いだとか、やれポマードが怖いだとか、理解不能な弱点があるのですが、それと同じようにコーラが弱点の妖怪みたいな状態に陥っていました。コーラが怖い妖怪。

しかしまあ、怖いからと言って唯一の栄養源を摂取しないわけにもいかず、またもや朝っぱらからコーラ。この日から画期的手法を取り入れ、朝食昼食夕食と区切ってコーラを飲むから精神的負担が大きいのだろうと区切りを一切排除、わかりやすく言うと、常にコーラを右手に携えた状態で通勤なり仕事なりをするという、本場アメリカのボブ(オーバーオールのデブ)みたいな状態に。なかなかアメリカナイズされてきたぜ!

いい加減甘みに飽きてきた、そして足りない栄養素があるのか欠乏感が否めない、そろそろコーラに手を加えていく必要性を感じるが、まだまだ面倒のなのでそのままのコーラのままでいくことを決意。サプリメントもまだ必要ないという判断。

消費コーラ
ペットボトル3本(500ml×3 )
缶7本(350ml×2、280ml×5)計3.6L
累計(初日からここまでの累計)11.1L

4日目(1月14日)
そろそろやばい。朝から下痢止まらず、おまけに口の中に口内炎が4つほど出来る始末。栄養バランスが恐ろしく悪いのかも知れない。アイフィールコークと言わんばかりのコーラ炭酸のシャワシャワ感が心地良いはずなのに激痛しか感じない。口内炎、泣ける。

下痢の方もすごくて、コーラなんだか便なのかカレーなのか良く分からないのが止めどなく溢れてくる。よく考えたら当たり前で、液体しか摂取してないのだから液体しか出てこないのは当たり前。これでものすごく固いウンコが出た日には逆にビックリする。

普段の下痢と違うのは、オナラが同時多発的にすごいということ。おそらく炭酸が程良く作用し劇的に腸内でオナラを製造するようだ。下痢とオナラが同時に出るものだから活火山のように炸裂しやがる。アフリカの奥地の人が儀式に使う楽器みたいな音出して飛び散りやがる。

意外な発見だ。初めてコーラが国内に入ってきたとき。僕の記憶が確かならば明治初期だったと思うが、ざん切り頭の明治っ子たちは、その感想を「口の中で何かが爆発した!」と表現したらしい。それは実は情報不足で、実際は、コーラば口の中で爆発するが、そればかり飲むと下痢まで爆発する、といった新たな知見を付け加えなければならない。明治人にはわかるまい。

この日は土曜日で休日と言うこともあって昼過ぎまで寝ていたので朝食と昼飯のコーラはパス。夕飯に固形物をとらなければ下痢になって死ぬと考え、なんとかコーラを固形化しようと冷凍庫で凍らせて食べてみる。

久々の固形食物に感動するも、お腹が冷えてしまい、さらに下痢を加速する結果に。味はコーラ味のアイスそのままだった。これはどうにかして対策を考えないと脱水症状で死ぬかもしれない。

消費コーラ
ペットボトル1本(500ml(凍らした状態)
累計(初日からここまでの累計)11.6L

5日目(1月15日)
朝から気力なし。正確には昼過ぎまで寝ていたので昼から気力なし。起きる気力が湧かない。なんというか、全身が気だるくて何をするのも億劫で仕方がない。僕の部屋はアパートの3階に位置してるのだけど、その階段の上り下りが億劫で仕方がない。いや、既に起き上がるのが億劫で寝ていたい。なんかこう、血がドロドロになってる気がして気分が悪い。

それでも仕方なしに起き上がり、さあ、朝食だ!と思うと

これですよ。見飽きたコーラが仁王立ち。もう狂ってる。この社会が狂ってる。ゆとり教育が悪い。すまん、僕が一番悪かった。

とにかく、口内炎がゾーンディフェンスみたいな配置で口内にあるので酷いことになっております、これはビタミンっぽいものが欠乏しているためだと勝手に判断し、このチャレンジ初登場のサプリメント、ビタミン剤みたいなのをコーラと共にビンごと飲んでおきました。コレで安心。サプリメントといえどもコーラ以外の味がするものは涙が出るほど嬉しすぎる。

で、気力がないからと床に伏せっていてはいよいよ終焉の予感がしてくるので、ここは奮起して起き上がり、近所のネットカフェに行くことに。ここではネットゲームに興じながら漫画版バトルロワイヤルを読みふけり、光子のエロいシーンで大興奮。

ネットカフェに来たということは、もちろんフリードリンクでドリンク飲み放題なわけですが、もちろん、コーラしか飲めないわけで、折角フリードリンクなのにフリーコーラじゃねえか、と思いつつドリンクコーナーへと向かいました。

そしたらアンタ。ドリンクコーナーのコーラがペプシじゃないですか。ペプシですよ、ペプシ。どんな嫌がらせですか。これは。

いやね、コカコーラ好きからしたらペプシコーラなんて異教徒ですよ。もし僕がこのまま60歳まで生きて還暦を向かえ、還暦の祝いに孫とかが集まってささやかなパーティ。孫が「お爺ちゃんの大好きなコーラ買ってきたよ」とか言いながらペプシコーラを差し出したとしたら、例え孫であろうとぶん殴る。ちゃぶ台ひっくり返して楽しいパーティーを恐怖のズンドコに叩き落し、孫に一生消えないトラウマを与える。それぐらいペプシコーラは許せない。

しかし、背に腹は変えられぬ。ペプシコーラでも飲むしかない、悪魔の申し子ペプシでもコーラはコーラ、ルールには抵触しないしな、とまたエロいシーンを読みながらペプシコーラを飲むのでした。

消費コーラ
ペットボトル1本(500ml)
ペプシコーラ 7杯(たぶん200ml×7くらい)
累計(初日からここまでの累計)13.5L

6日目(1月16日)
さて、月曜日。仕事があるので「気力がない」とは言っておられず、仕方無しに起きて職場へ。朝食にペットボトル2本を飲み、昼食に4本飲む。

精神的にかなり不安定。ボーっとしながらタバコを吸っているのだけど、気がつくとタバコに朱肉をつけてハンコみたいにして書類に押しまくってる。タバコとハンコをかけるなんて僕って天才!と笑いがこみ上げてくる。狂ってる。狂ってやがる。コーラを飲みすぎるとキチガイになるという母親の遺言もあながち間違ってないかもしれない。

仕事を終えて家に帰る道中、もう甘いものは嫌だーという欲求が抑えられなくなり、家に帰ってコーラに塩を入れて飲み始める。

入れすぎたみたいで死ぬほどしょっぱい。しょっぱいものが口の中で弾けて消える。それはまるで初恋の日の花火のように、ほろ苦い思い出が瞬いて消えた。あの時、浴衣姿の君は艶やかで出店のイカ焼きを美味しそうに食べていたね。フランクフルトも食べていた。チンコみたいだねって言ったら死ぬほど怒ったじゃん、ごめんよ、僕はデリカシーがなかった、みたいな状態。端的に言うと、死ぬほどまずい。この世の飲み物じゃない。でも塩味は嬉しい。

消費コーラ
  ペットボトル9本(500ml×9)
累計(初日からここまでの累計)18.0L

7日目(1月17日)

朝食2本。 昼食3本。書くのも嫌になるくらい。

そろそろタンパク質とかアミノ酸っぽいものが足りてないのではないだろうか、という思いに駆られ、この日の夕飯はコーラを使った料理を作ることを決意。

タンパク質とかアミノ酸とかを摂取するために何を調理したら良いのか検討もつかないのだけど、とりあえず鶏肉と人参を購入。なんかブラジルのほうでは本気で鶏肉をコーラで煮込む料理があるそうですから、それをやってみようと決意。もちろん、コーラを購入するのも忘れない。

patoちゃんの簡単料理レシピ

「鶏肉のコーラ煮込みシェフのきまぐれ風」

材料
鶏肉(モモ肉)143g
人参     1/2本
コーラ    1.5L

まず鍋にコーラを入れ、煮立たせます。

そこに鶏モモ肉を豪快に入れ、彩りを考えて刻んだ人参を投入します。

加熱が進むとキッチン中に甘ったるい匂いが立ち込め、コーラも煮立って地獄絵図みたいになりますが気にしない。とにかく煮込みます。

塩・こしょうで味を調え、完全に人参が柔らかくなったら完成です。

どうです、美味しそうでしょう。

で、公式ルールでは「コーラ以外は口にできない」と厳格に書いてありますので、よく煮込まれた鶏肉と人参を豪快に捨てます。こんなもんいらねえ。

コレで完成!

「鶏肉のコーラ煮込みシェフのきまぐれ風」

実際に味わってみると、これが案外美味いのだから驚き!みんなもやってみるといい。鶏肉と人参の味がコーラに染み出すまで徹底的に煮込むのがコツですが、すると品の良い紅茶みたいな味がするのだから驚きです。蒸気がムワンとコーラなのは気にしないことです。温かいコーラってのも新鮮で、炭酸は煮込んでるうちに物凄い勢いで抜けていくので問題ありません。本当にイギリス貴族もビックリの紅茶の味わい。これならロンドンでも人気が出る。

コーラ表面に浮かんだ油みたいなのが気味悪いですが、栄養面でもおそらく完璧。たぶん、不足している栄養分が染み出しているだろうと思うことにします。これはもうこのチャレンジ中の定番メニューになるかもしれない。

消費コーラ
 ペットボトル8本(500ml×8)
累計(初日からここまでの累計)22.0L

ということで、早くも暗雲たちこめる1ヶ月コーラ生活。コーラを見るのも嫌になる、口内炎ができる、気力がなくなる、下痢が止まらない、46時中オナラが出る、何か満たされない気持ちはあるのにコーラで空腹ではないという不気味な状態、などと不安要素たっぷりですが、一番不安なのは来週は職場の飲み会という一大イベントが控えていることです。果たして僕は飲み会をコーラだけで乗り切れるのか、こうご期待!

1週間で消費したコーラの空きペット&空き缶でコーラタワー。


1/25 コーラ生活vol.3

さてさて、問題のコーラ一ヶ月生活ですが、前回の報告で異様に画像を多用してしまい、画像をアップロードするのが思いのほか面倒くさい、という新事実を発見してしまいましたんで、今日はもっと簡潔に分かりやすく第2週目の報告に移りたいと思います。まあ、正直に言うともうあんまり元気がないだけなんですけど。ということで、どうぞ。

8日目(1月18日)
前回更新分の報告を執筆しつつコーラを飲む。もちろん、朝からスタンダードにコーラ。炭酸を受け止めるだけの体力がないっぽいので思いっきり振って炭酸を抜いてから飲む。

実はあまり知られてないことだけど、コーラは二日目が美味い。「コーラは二日目が美味いたい」というアリストテレスの有名な格言があるほどだから、それはコーラフリークの間では周知の事実となっている。

蓋を開けて放置したコーラは炭酸が抜け、熟成されて旨みが出る。カレーなんかもそうだけど、やはり熟成された食物は何でも美味いはずだ。ということで、振って炭酸を抜くのも大変なので蓋を開けて1日放置し、明日は熟成されたコーラを飲もうと決意する。

先週報告した、コーラ生活中で消費したコーラの空きペットボトルでコーラタワーの図だが、このタワーの前方に布団をひいて寝ていたら深夜に崩れてきて死ぬかと思った。夢の中でもコーラに苦しめられ(沸き立ったコーラ池に沈められ、赤鬼が金棒で僕をつつく地獄絵図のような悪夢)、夢の外でも崩壊したコーラタワーに苦しめられる。その崩壊のさまを見て、これはマンションの耐震強度偽造に通じる事件だ!マンションの構造よりその背後に潜む巨悪構造が問題だ!と妙に社会派を気取って眠りにつく。

消費コーラ
ペットボトル7本(500ml×7)
累計(初日からここまでの累計)25.5L

9日目(1月19日)

鬱進行中。

起きあがる気力はないが、仕事に行かないと鬱どころかコーラすら買えなくなって死に至るので頑張って起きて仕事へ。昨日熟成させたコーラを1本飲んで家を出る。寒すぎて息が白い。こういう日は暖かいお茶を買って飲みたい気分になるがご法度なので諦める。こりゃあ寒さ対策にホットコーラを用意する必要性がある。

コーラの消費量が減ってきている。唯一の栄養源なので頑張って摂取しなければならない。昼休憩に職場近くの駄菓子屋みたいな場所で昼食用コーラを5本も6本も買っているのだが、さすがに毎日ともなると駄菓子屋の婆さんが訝しげな視線を送ってくる。そんなに色目を使っても俺はなびかないぜ。

仕事を終えて帰宅。1本熟成コーラを飲んでネットに興じる。すると自分の中で感情の高ぶりが抑えられなくなり大興奮。布団に入っても目が冴えて眠れないだろうと、明日も仕事なのにネットカフェで徹夜することを決意。家でネットできるのになんで金払って外でしなくてはならないのだろうか。それよりも精神的に不安定な自分が怖い。

ネカフェでペプシコーラを7杯ほど飲み、遊人先生の「ANGEL」を読む。「ANGEL」は4巻が抜ける。激しく抜ける。他の巻も間違いなくいいのだが4巻だけは別格。これをネカフェに置いてもいいものかと激しく疑問に思ったが、そのまま朝を迎えてダイレクトに仕事場に行く。その道中にこのチャレンジを断念させかねない魔の手が忍び寄っているのに気がつかないまま・・・。

消費コーラ
ペットボトル7本(500ml×7)
ペプシコーラ7杯(200ml×7)
累計(初日からここまでの累計)30.4L

10日目(1月20日)
10日間コーラのみチャレンジを続けてきて、深刻な症状と言えば「無気力」「鬱」「口内炎」「下痢」だったが、本日新たな症状が仲間入りした。

ネカフェで夜を明かし、その足で仕事場へと向かったのだけど、車を運転しながら死ぬほど肩が重い。もともと肩こり症であったのだけど、そんなの比じゃないくらいに肩が重い。水子とかの霊が集団疎開してきてるんじゃないかと思うほどに肩が重い。たぶん、コーラで血行が悪くなりすぎてるのかもしれない。

最初は自分で肩を揉んだりして騙し騙し車を走らせていたのだけど、そのうち肩が痛すぎて頭まで痛くなってくる始末。延髄の方がガンガン痛む。もうどうしようもないのでコンビニ駐車場に車を停めて眠りにつく。眠りながら何度もゲップが出たのを覚えているのだけど、目が覚めたら肩こりも頭痛も治っていた。でも、夕方だった。無断欠勤決定。何しに職場に向かったのか皆目分からないまま家に帰ってピップエレキバンを買った時におまけで貰ったビタミン剤を飲んでNumeriを更新して寝た。

この肩こり&頭痛はかなり厳しかった。もうやめてしまおうかと思うほどの苦しみで、正直諦めようと思ったのだけど、そうしたらコーラの精がでてきて「諦めたらそこで試合終了だよ」とか言ってた。あれには随分と励まされた。コーラの精は萌えキャラで、サンタみたいな衣装を着てお色気むんむんだったけど性器が真っ黒だった。ドドメ色だった。平井堅みたいだった。けっこうお盛んみたい。

消費コーラ
なし
累計(初日からここまでの累計)30.4L

11日目(1月21日)
昨日、全くコーラを飲まなかったせいか体調がすこぶる良い。休日なので相変わらず昼過ぎまで寝ていたのだけど、時間のある週末こそは栄養分の確保に努めなくてはならない。

どうしても固形物が食べたくて仕方がないので、先週報告分のコメント欄で教えてもらってゼラチンコーラを作成することに。固形にもなるし、なんか栄養にもいいらしい、まさに一石二鳥だよな!一石二鳥だよな!鳥肉たべたい。

そんなわけで購入してまいりました。ゼラチン粉とコーラ。このインチキ臭い粉で固形化するとはにわかに信じがたいのですが、とにかくやってみます。まず、先週学習したように、コーラを過熱して炭酸を抜きます。温かい液体のほうがゼラチン的にも良いっぽいことが書いてありましたから、何の迷いもなく温めます。

そしてゼラチン粉投入。

投入したら冷蔵庫に入れ、40分程度冷やします。

すると、ついに固形コーラが我々の目の前に!

な、なんか汚い!どぶ川の端っこみたいな状態になってる!

分量を間違ったのか思ったより固まらないもので、小動物みたいにプルプルしてるんですけど、なんか思ってたのとちょっと違う。しかしまあ、食ってみることに。

>味は、コーラなんですが、それに混じって生姜みたいな味がしてました。

なんにせよ、久々の固形物に大満足。満面の笑みで眠りについたのでした。

消費コーラ
ペットボトル3本(500ml×3)
缶コーラ6本(280ml×6)
累計(初日からここまでの累計)33.48L

12日目(1月22日)
ラーメンが食いたい。ラーメンを食べるためなら肉親くらいなら殺すかもしれない、と思うほどにラーメンが食べたい。もうラーメンしか見えない。とまあ、自分の中のラーメンに対する欲求が抑えられなくなったので、作ってみる。

前日作った固形コーラにならい、余ってたゼラチンを使ってコーラを固形化。それを包丁で刻んで麺状にする。

スープはもちろん、煮たコーラ。塩ラーメンが好きなので大量に塩を入れてコーラを煮ます。

完成!コーラーメン

全然分からない!そりゃそうだ、麺もスープもコーラなんだからな!

とにかく、念願のラーメンを作ることに成功したので、見た目とか気にしないで食ってみることに。食ってみるともちろんのことながら、美味しくなかった。コーラの味しかしない。てか、全然ラーメンじゃない。

固形物はいいけど、ラーメンは無理だよなあ、と呟きながら枕を涙で濡らしました。というか、抜け毛が増えてきた。もし、これがコーラの影響ならば、このチャレンジを成功させても坊主になるのかもしれない。悲しいね、人生って。

消費コーラ
ペットボトル4本(500ml×4)
缶コーラ2本(280ml×2)
累計(初日からここまでの累計)36.04L

13日目(1月23日)
固形物を摂取し、さらに豊潤な栄養分まで摂取したからか、非常に体調が良い。一時は本当に危なかったのだが、また気合を入れて頑張れる。しかしながら、週の初めの月曜日なのに職場の飲み会が夕方からセッティングされているという狂気の沙汰。クレイジーゴナクレイジー。月曜日に飲み会とか気が狂ってる。それに誰も異を唱えない。集団ヒステリーに近い。

「今日のお店は魚料理と焼酎が美味い店だよ」

とかクサレ上司がえびす顔で言っていたけれども、あいにくどちらもとんと縁がない。むしろ不参加で家に帰って不貞寝したかったのだが、こういった会合に出席しないってのも感じ悪い。やはり日本は村社会であるので、「あいつ飲み会に来ないとは何様のつもりだ」「付き合いが悪いやつは解雇だ」「あいつ、いつもイカ臭い」と陰湿なイジメを受ける羽目になりかねないので、なんとか顔を出すだけでも参加する。

到着すると、既にテーブルの上には豪華な食事が並べられており、船盛りとか鍋とかが大変な状態になっていた。南米の祭りみたいになってた。もちろん、一切口にしてはいけない。

別に食ってしまってもバレやしないのだが、対面に座った同僚がこのブログの閲覧者とかだったら嫌なので、やっぱり口にしない。そもそも、それをやってしまったらここまで耐えてきた自分自身に対する冒涜だ。このチャレンジでの敗北はドクターストップ以外にありえない。

そんなこんなで、皆がビールで乾杯する中、「あ、車で来てるんで飲めないんです」と一人コーラで乾杯。箸を持って料理を食べてるフリをしつつ、コーラを飲んだ。豪勢な料理を前にコーラだけの僕は、船盛りの上で横たわっている魚よりも死んだ目をしていた。

あまりにも辛いので途中で帰宅。コーラを3杯ほど飲んだだけで会費5千円を徴収される。割り勘負けにもほどがある。一杯1666円のコーラってどんな高値だって話ですよ。以前にノーパン喫茶にいったらコーラが1000円で死ぬほど驚き、ノーパンの女性が山下君のお母さんソックリで死ぬほど驚いたのですけど、それより高いんですからね。

涙ながらに帰宅し、コーラをホットコーラにして飲む。相変わらず紅茶みたいで美味い。数日前の固形コーラが効いたのか、便がやや固形っぽくなっている。

消費コーラ
ペットボトル2本(500ml×2)
飲み屋のコーラ3杯(300ml×3)
累計(初日からここまでの累計)37.94L

14日目(1月24日)
早朝から外せない仕事があったので4時に起きて職場へ。真っ暗なうちから通勤すると大切な何かを失っているような気分になってくる。漆黒の夜空がまるでコーラのようで、瞬く星たちもコーラの泡にしか見えない。

まだ日が昇らないうちから飲むコーラはけこうヘビーで、この世の不条理だとかを一手に引き受けているような、そんな切ない気持ちにさせてくれる。

職場に到着すると、同僚が「おつかれ、これ、差し入れ」と僕を気遣ってホットの缶コーヒーを手渡されるが、嫌がらせにしか思えない。心をレイプされた気分になる。

そろそろ比喩とか冗談とかではなく、本気印でコーラの味に飽きてきたので、来週からはダイエットコーラなども視野に入れて頑張っていきたい。

消費コーラ
缶コーラ9本(280ml×9)
累計(初日からここまでの累計)40.46L

先日から、メールにて多数の読者様から旨みの凄そうな肉汁溢れるステーキ、新鮮そうなイクラ、美味そうな鍋物、焼き鳥とビールの黄金セット、アジの開き、などのテロとしか思えない画像を多数頂きます。ありがとございます。とても素敵な嫌がらせですね。どうせなら美味そうな女性の画像でお願いします。

そんな不届きなメールテロリストに対しても、もはや腹を立てる気力などなく、ただただパソコンの前で「こ、コーラ!」と怒るくらいのユーモアしかありません。

体の諸データの移り変わり
年齢 29歳(1/11)→29歳(1/24)
身長 188センチ(1/11)→188センチ(1/24)
体重86キロ(1/11)→81.2キロ(1/24)
血圧166-121 脈拍78(1/11)→135-88 脈拍69(1/24)


コーラタワー2


2/1 コーラ生活vol.4

早いものでこの生活を初めて既に3週間が過ぎました。3週間という時間単位はすごいものがありまして、大抵のことでも3週間も続けば慣れます。どんな過酷なことであろうと、どんなに涙なしでは語れない状況であろうと、3週間耐えたならそれが普通のことになるのです。

古くは、禁煙生活などが好例ではないでしょうか。過去に2年間ほどタバコを止めた事がある僕から言わせてもらうと、最初の3週間はタバコのことしか考えられない自分がいたのですが、それを超えてからは吸いたいとも思わなくなりました。

最近で言うと、昨年、僕は遠きモンゴルの地まで自費出版の本を売りに行き、大平原でトイレのない生活に辟易、水飲むと下痢するわ、食い物はクソ不味いわでモンゴルに核ミサイルでも落ちろ、と思ったものですが、これも3週間いたら普通に慣れました。もうすっかり身も心もモンゴリアンとなりはて、日本へと岐路に着くウランバートル空港で安馬という現役相撲力士に会い、一緒に写真などを撮ってもらったのですが、「いやー日本人でしたか、モンゴル人かと思った」と言われるほどモンゴル人になりきっていました。僕のような白人っぽい男でもモンゴル人になってしまう、3週間とはそれほどの期間なのです。

ということで、問題の、コメント欄が電子辞書の説明書くらい訳の分からないことになってしまってるコーラのみで1ヶ月生活ですが、ついに第3週目です。ココさえ乗り切ればあとは簡単、確実に山場になるであろう期間ですので、ドキドキしながら振り返ってみましょう。

15日目(1月25日)
そろそろ中間地点ということで今日は栄養Day。ここまで口内炎ができた時にしか飲まなかったサプリメント系を一気に摂取しようと企む。ここで一気に不足している栄養分を摂取し、後は手を出さない。これまで、僕はどんなに辛い場面でもサプリメントに手を出すのを極力避けてきた。なぜなら高いから。サプリメントって何であんなに高いんだ。オイルショックかと思ったわ。

こんな子供騙しのアメみたいなものが968円もするんですよ。968円。ゴージャスな弁当買える値段ですし、一家四人だったらかけ蕎麦を4人で頼んで貧しくすすって、店の親父はこっそり半玉を追加して、数十年後の大晦日、ってそんな世界ですよ。コーラに換算すると4リットルは楽勝である値段です。こんなの常用できるか。

色々吟味した結果、そもそも何の栄養素を購入したらよいのか分からないので適当に購入。

まずは「にんにく」。これは何か良く分からないけど効きそうだ。

次にビタミン。これも体に良さそうでたまらない。

そして、「つるるんサプリ」。お肌を綺麗にしてどうする。つるるんしてどうする。もっと必要な栄養っぽいの採れよ、と自分に言いたい。狂ってる。狂ってやがる。

複数の栄養を手に入れ、下痢にも慣れた、口内炎はいつの間にかなくなった、鬱はどうしようもない、肩こりは大丈夫そう。さあ、フィナーレまで一気に行くぜ!と意気込んで後半戦のスタートです。

消費コーラ
ペットボトル4本(500ml×4)
累計(初日からここまでの累計)42.46L

16日目(1月26日)
優しさというか、愛というか、他者を思いやる気持ちというか、そういったものが急速に薄れつつあるように感じる。単純に言うと余裕がない。昨日のサプリが効いたのかお肌は潤いを保っている。

コーラの影響によるものではないとは思うのだけど、このチャレンジが始まってから急速に怒りっぽくなった、普段は温厚で、現代の菩薩、平成のガンジー、などの名を欲しいままにしていたというのに、今なら在りし日のスタンハンセン以上に簡単にブチ切れることができる。この文章を書きつつ、スタンハンセンが一発変換で出てこなくて巣短帆船と出たんだけど、それだけでディスプレイをぶっ壊しそうになった。どんな帆船やねん、とぶっ壊しそうになった。それぐらい精神的に崖っぷち、精神的にオンザエッジ。

普段なら困ってる老人を見たら助けずにはいられず「どうしたの?お爺ちゃん」と言うんですが、今なら機関銃を乱射しかねない。それくらいに精神がひっ迫している。文法的におかしいけど、この状態を的確に表すと精神がドキドキしてる、がピッタリくる。

それに伴い、職場での評判も、以前は「いいかげんでどうしようもない人」だったのが「いいかげんでどうしようもなくて怒りっぽい人」にランクダウン、さらに評判を下げる結果に。もうどうしようもない。おまけに昼飯も食わずに狂ったようにコーラばかり飲んでるもんだから、「ついに狂ったか」と噂され、上司に「借金でもあるのか?」と真顔で言われる始末。借金があったらコーラばかり飲むという考え方が分からない。上司の不倫はもっと分からない。なんであんなブスなオバハンと。

消費コーラ
缶コーラ 3本(280×3)
ペットボトル 2本(500×2)
累計(初日からここまでの累計)44.02L

17日目(1月27日)
今宵もネットカフェへ。仕事を終えてネットカフェに行くと精神的に落ち着く。周りはネットゲームやマンガに興じるクズばかりだからだ。クズはクズの中にいるのが一番落ち着く。そう、ここは僕のいるべき場所なんだ。

ネットカフェではもっぱらマビノギというネットゲームに興じる。やっとアタックマスターになった。ネットゲームをしながらドラマにもなって話題沸騰中の「夜王」というホストマンガを読む。ドラマはどうだか知らないけどこのマンガ、クソだな。すぐ歌舞伎町の伝説になりすぎ。12巻までで3回くらい歌舞伎町の伝説になってる。

マンガ、ネットゲーム、コーラ、とよくよく考えたらPTAとかが死ぬほど怒りそうな3大要素を全て網羅し、週末の夜は更けていった。体調は良好、精神的な不安定さもネットカフェで解消できるので、これから危険な状態に陥ったらネットカフェを多用していきたい。

消費コーラ
ペットボトル 3本(500ml×3)
ペプシコーラ 13本(200ml×13)
累計(初日からここまでの累計)48.12L

18日目(1月28日)
この日は休日ということもあって、意気揚々と近所のパチンコ屋へ。鬱状態なのにパチンコとは狂ったかと思われることでしょうが、そこは発想の転換です。鬱状態であるからこそパチンコなのです。ドッカンドッカンと出して大勝、ウハウハで札束でも握り締めて帰ればもうもらったものです。

ということで、昼過ぎくらいに行ってみたのですが、既に店内は「休日なのにパチンコくらいしかすることがないカス」どもで満員状態。それを見つつ通路で台が空くのを待っている僕はもっとカスなのですが、仁王のように直立不動で空席を待ってました。

しばらくすると、南国育ちというスロット台が空いたので迷わず着席。隣に座ってるのはセクシャルなお姉ちゃんで良い匂いがしました。男ってのはバカなもので、こういった場合は100%良からぬこと、いや良いことを想像します。何が良いかって、自分に都合が良いことです。

僕の頭の中では、お姉ちゃんが負けまくって僕の台が大爆発。どうしよう、クレジットカードの支払いができない、悩むお姉さん。よし、ここは隣で出してるお兄さんに・・・、こういうのは良くないけど隣のお兄さん、私のタイプだし・・・。といった苦悩を経てセクシーお姉さんが切り出します。「その出玉で私を買って下さい!私を好きにしていいから」「おいおいお嬢ちゃん、自分の分を超えたギャンブルをしちゃあいけないぜ」「わかってるんです、でも、でも」「仕方のない子猫ちゃんだ」「ぎしぎし」「あんあん」「うっ」「バサッ」「お金なんていらない!もう一度会って!」「困った子猫ちゃんだ」とまあ、こんなことを2秒くらいで妄想します。

まあ、お決まりのごとくそのお姉ちゃんにはピアスつけた、車のダッシュボードに狩りたての羊の毛みたいなのを乗せてそうなヤンキーアニマルな彼氏がいて、スリップストリームの如く張り付いてるわけなんですが。

このお姉ちゃんがあのヤンキーのナニをチュッパチャップスとか想像してたら3万円くらい突っ込んでました。そこからやっと大当たりして2万円分くらい出たのですが、何をトチ狂ったのか「ウルトラマン倶楽部ST」という悪名高い機種に走る始末。出玉を全部吸い込まれた時点で心が折れて終了。3万円の負けとなりました。やっぱりコーラばっかり飲んでると状況判断ができないや。

パチンコ屋ではギャンブルに興じながらカフェオレなどを飲むのが一服の清涼剤になるのですが、もちろんチャレンジ中ですのでコーラしか飲めません。しかも、あまりパチンコ屋に精通してない方はピンとこないかもしれませんが、パチンコ屋の自動販売機は怪しげな見たことないメーカーのものだったりすることが多いのです。もちろん、コカコーラなどのメジャー級の自販機も多いのですが、地方に行けば行くほど、怪しい店に行けば行くほど、見たことないメーカーの自販機に出会います。すると、その中にある飲料も、新幹線の車内販売で売ってそうなお茶とかマニアックなものになります。

この店は大丈夫かいな、と自動販売機コーナーに行くと、悪い予感が的中、見たこともないメーカーの自動販売機。こりゃあコーラすら置いてないかもしれないぞ、とラインナップをみてみると、ありましたよ、コーラフリークの僕ですら初めて見る謎のコーラが。

なんじゃこりゃ。

真ん中のキャラクターが意味不明すぎるし、しかもその表情が意味不明に勝ち誇ってるところが絶妙にムカつく。

ちなみに、飲んでみましたが、味はコーラですが炭酸強め、少し薬品的味わいも強めでした。初めてコーラ飲んだ人が見よう見まねで作ったらこんなんになるって感じの味でした。うん、不味い。

やっぱコカコーラは偉大だわ、美味いもの。1ヶ月飲んでも大丈夫な味わいの保障がある。この謎のコーラしか飲めないチャレンジだったら、たぶん1日で、いいや1本飲んだ時点でギブアップしておる。

3万円負けて鬱を加速させ、おまけにマリオカートDSではルイージにすら勝てず泣きながら眠る。散々な一日だった。

消費コーラ
ペットボトル6本(500×6)
意味不明なコーラ(350×1)
累計(初日からここまでの累計)51.47L

19日目(1月29日)
これ一休や、この屏風のトラを捕らえてみせよ、なんてトチ狂ったこと言われたら将軍を殺る。トラと捕らえるを引っ掛けていい気になってる将軍を殺る。まさに一休こそがタイガー。坊主頭も虎刈りになる。

しかしながら、ああいった将軍と一休の屁理屈合戦を見れない現代の子供たちは可哀想です。是非とも今この時代だからこそ「一休さん」を再放送して欲しいものです。もしくは現代風にアレンジして再製作していただきたい。そうなった場合、キャラクターデザインはフルCGでファイナルファンタジーのスタッフが製作。寺の修行僧仲間にはESP使えるやつやマッハで走れるヤツ、怪力、カレー好きなどバラエティーに富んだメンバー、小夜ちゃんはメイドで萌えキャラ、オタ・ロリ層もがっちりキャッチ。一休さんの声優は姉歯元一級建築士、将軍様は北の人でいいです。最終的には核を巡って一休さんがトンチバズーカを発射、半島を火の海にする痛快ラブロマンスがいいです。しんえもんさんはアイボでいいです。

さて、そんな一休さんの話はおいておきまして、もし僕が一休さんのように「世界で一番美味いコーラはなんだ?」みたいに意地悪将軍に問われたらなんと答えるでしょうか。

トンチを効かせ、何か適当なことを答えるのが一休さん的には妥当かもしれませんが、やはりそこはどうしても譲れない部分がある。もうトンチなんて関係ない。僕は将軍の前でモロ肌を出して頑として言いたいね、「世界で一番美味いコーラはマクドナルドのコーラです」と、凛として華やかに、それでいて強く咲き誇る一輪の花のように言い切りたい。

マクドナルドのコーラは、もちろんペプシみたいなものは使っておりません、れっきとしたコカコーラを採用しているわけなのですが、その味が格段に素晴らしい。麻薬的に美味い。これはどんなグルメでも舌を巻くほどの極上のテイストと言っても過言ではない。

どうもマクドナルドは飲料に、それもコーラの味わいに関しては相当にこだわってる部分があるらしく、なんでも「コーラを飲むのに最も適した温度」を考え、試行錯誤の上にそこに辿りつき、最高に美味いコカコーラを客に提供しているようだ。マクドナルド内部に熱きコーラ野郎がいるとしか思えない。こういう人がいると思うと日本も安泰だと思う。

そんなクレイジーにイカしたマクドナルドのコーラを飲むべく、近所のマクドナルドへ。女子供くらいなら轢き殺さんばかりの勢いでドライブスルーに突入。颯爽とオーダーしましたよ。

「コーラ、Lサイズで3つ」

ドライブスルーでドリンクだけオーダーするヤツってのもあまりいないと思うけど、それでいて1個しか頼まなかったら田舎者だと思われて辱めを受けるかもしれない、お里が知れるかもしれないので見栄はって3つもオーダー。ちょっと海老フィレオだかエビ反りだか背面座位だかが気になって食べたかったのだけど、コーラしか摂取できないんだから仕方がない。

コーラ3つだけはおそろしく処理が早く、前の方でポテト待ちとかバーガー待ちで停まってた車を一気に追い越した。ワープに近い勢いで追い越した。あの日あの時あの場所で、僕の周りだけ間違いなく時空が歪んでいた。

飲んでみると、やはりマクドナルドのコーラは美味い。おそらく世界一美味い。たぶん、タブクリアーの次くらいに美味いんじゃないかな。好きだったのにいつのまにか消えてしまったタブクリアー、あれを是非復活させて欲しい。

正直、もうLサイズ1杯でお腹いっぱいだったもんだから残った2杯は自粛の方向で検討したのだけど、せっかくマクドナルドが温度まで考えて提供してくれた極上のコーラなのでもったいなくて残すわけにも後で飲むわけにも行かず、そのままグビッとLサイズ3杯。死ぬかと思った。

ゲップと一緒にちょっと吐いた。ゲロすらコーラ。泣けてきた。

消費コーラ
マクドナルドコカコーラLサイズ 3杯(たぶん500ml×3)
ペットボトル 2本(500×2)
缶コーラ 2本(280×2)
累計(初日からここまでの累計)54.53L

20日目(1月30日)
昨日のマクドナルドコカコーラが効いたのか、もう決定的にコーラの味に飽きた。皮肉にも世界一美味いコーラが飽きの決定打になったことに衝撃を隠せない。別の味わいに手を出そうと、数日前にパチンコ屋で発見した謎のコーラに手を出そうとも考えたのだが、さすがにあれを受け止めるだけの体力がない。

ということで、異なった味わいということでコカコーラダイエットに手を出すことに。カロリーゼロ、ダイエットに最適みたいな売り文句で登場したダイエット。新展開するコーラファミリーは上記のタブクリアーやバニラなどのようにいつの間にかなかったことになってしまう傾向にあるのに、このダイエットだけは末永く販売され続けている。

僕はこのダイエットの存在には否定的で、コーラを飲みつつカロリーを気にするというチキンなハートが許せない。コーラを飲むならガッツリとカロリーを受け止め、物凄い不健康になるのも辞さない覚悟が必要だ。それすらできないやつにコーラを飲む資格はない。許さない。

しかしながら、コーラの味わいに飽いてしまった今となっては背に腹は代えられない。とにかく違った味わいが欲しいので何本か購入してみる。

飲んでみたが、こんなものコーラじゃねえ。コーラに似せた禍々しき飲み物だ。ダイエット派の非国民はよくこんなの飲んでるな。このチャレンジ初めて購入したコーラを残してしまった。

口の中がダイエットの味がして不愉快極まりないのでお口直しに普通のコーラを飲む。やはり安心する。日本人はこうでなくてはいけない。

夜くらいから膀胱と肝臓が痛くなる。

消費コーラ
コカコーラダイエット 1.5本(500ml×1.5)
ペットボトル 7本(500ml×7)
缶コーラ 3本(280ml×3)
累計(初日からここまでの累計)59.62L

21日目(1月31日)
コーラなんて見たくもない。あの飲み物は悪魔だ。

消費コーラ
ペットボトル11本(500ml×11)
累計(初日からここまでの累計)65.12L

今週はコーラクッキングを全くやらなかった。純粋にコーラのみを飲み続けた1週間。ひとえに栄養Dayがあったおかげだろう。来週は奇想奇天烈なコーラ料理に果敢にチャレンジしていきたい。

そして、ここに来て恐ろしい事実が発覚。なんとこのコーラ1ヶ月生活、1週間ごとに更新する定期連載という形を取ってるのですが、そのせいなのか4週で終わりと心のどこかで信じていた部分があったのですよね。恋する乙女のように頑なに信じていた。しかしながら、世の中とは諸行無常なもので、なんと、恐ろしいことに「4週間=1ヶ月」ではない。こんなことも分からないくらい脳細胞が死んでいた。4週間は28日。1ヶ月は31日だ。3日間も延びるのは致死量に値するかもしれない。心が折れるかもしれない。

体の諸データの移り変わり
年齢 29歳(1/11)→29歳(1/24)→29歳(1/31)
身長 188センチ(1/11)→188センチ(1/24)→188センチ(1/31) 体重86キロ(1/11)→81.2キロ(1/24)→79.9キロ
(1/31)血圧166-121 脈拍78(1/11)→135-88 脈拍69(1/24)132-81 脈拍69(1/31)

コーラタワー3


2/8 コーラ生活vol.5

一ヶ月コーラのみで過ごす人の生活の記録。

2月1日(22日目)

「オナニー」

ここはNumeriと違ってブロマガという複数のブログの集合体なわけで、当然ながら多くの人がこの駄文を見てくれてるんじゃなかろうかと思っている。つまり、いつもの下賎な「Numeri」読者だけではなく、他サイトを楽しんでいる高尚な読者が多数存在するはずだ。

Numeriの読者は酷いもので、なんでもすぐにオナニーに結び付けやがる。アイツらはオナニーのことしか頭にない。オナニー狂い。オナニズム文化発祥の地。オナニーで全ての事案の解決を図ろうとする。「わたし、男の人のことが信じられないの・・・」という生娘の相談に対しても「そんなのオナニーしたら一発だよ、さあ一緒にしよう」と平然と答えやがる。時代が時代だったらガス室送りだ。もう読者じゃない、濁者だ、白濁液者だ。

その反面、他のサイトの人たちは高尚だ。オナニーのオの字も出てこない。万が一出てきたとしてもそれは下賎な意味ではなく、哲学的で高尚な意味合いでのオナニーだ。例えるならば、その辺のオッサンが裸になると猥褻物陳列罪でお縄を頂戴するが、モデルが裸になると芸術だ。

そういったNumeri読者ではない高尚な人々がいきなり「オナニー」なんて読んだら卒倒もので、PTAみたいなメガネをかけた人がサイト閉鎖を迫ってくるかもしれない。生協の白石さんも返答に困るはずだ。だから僕はなるべく「オナニー」だとか下劣なる言葉をブロマガに書かないようにしてきた。

しかしながら、このコーラ生活において、睡眠欲、食欲、性欲の三大欲求に並ぶオナニー欲をどう処理したのかそろそろ述べなければならない。性欲とオナニー欲は同じじゃねえかと言う人は、もう一度「ふたりエッチ」あたりを一巻から読み直して勉強してきていただきたい。

さて、この4大欲求に挙げられるオナニー欲だが、いかんせん大きな問題が一つある。それは「体力がない」ということだ。このコーラ生活開始以来、マウスをクリック以外の動作が億劫で仕方なく、便所のドアすら開けてウンコしている僕にとってオナニーは体力的にきつくて仕方がない。

それ以上に問題なのが、タンパク質の問題だ。女性はどうだかしらないが、男の場合、オナニー後に放出されるブツがある。生命の液体だ。あれがもうタンパク質の塊だっていうんだから驚くほかない。

このコーラ生活では誰がどう見てもタンパク質が不足している生活をしているものだから、そんな部位から多量なタンパク質の流失が起こるのは由々しき問題だ。タンパク質をほとんど摂取していないのにタンパク質が製造されたら人類の神秘ですよ。

人間の体とは不思議なもので、ある特定の栄養素が不足するとそれを補うように体に変化が現れる。それだけならまだ理解できなくもないが、それ以上に思考にも変化が生じる。あれほどオナニーのことしか考えてなく、学校帰りの女子中学生などを見ても「あんな子もオナニーしてんのかなあ」などと考えていた僕が、このコーラ生活開始以後、全くオナニーのことを考えていない。もちろん、オナニーもしていないし、したい気分すら起こらない。今なら裸の大塚愛が出てきてもオナニーしない自信がある。

20日間もオナニーをしないってのは、中学生時分にオナニースキルを習得して以来ほとんどないことで、正直、自分でも少し戸惑っている。こんなにもオナニーに無縁の日々が来るなんて。

個人的には、タンパク質不足のこの状況でオナニーしたらどうなるのか気になったので、僕の人生史上で最もエロかった事件、いわゆる教室のドアを開けたら水泳の前で女子が着替えていた事件を思い出して熱烈にいたしてみた。なんか透明のが出たよ。やっぱりオナニーは最高!

消費コーラ
ペットボトル7本(500ml×7)
累計(初日からここまでの累計)68.62L

2月2日(23日目)
何も代わり映えしない一日。強いて言えば昨日久々にオナニーをしたせいかすこぶるダルい。無気力な昨今の若者より無気力。今日世界が終わってもいい。

体調は相変わらず悪いがだいたい慣れた、ただ一つ気になる点があるとすれば、確実に体重が落ちていっているのに腹だけは中年的に出たままだという点だ。どうも腹だけは引っ込まず、他の部位が痩せ細っていってるみたいだ。このままいくと全身はガリガリで、腹だけがポッコリ出た地獄の餓鬼みたいな状態になるかもしれない。

消費コーラ
ペットボトル9本(500ml×9)
累計(初日からここまでの累計)73.12L

2月3日(24日目)
この日は節分ということで、なにやら節分っぽいことをやってみようと画策。普通なら豆まきヨロシクでコーラでも撒くのだが、それだと部屋中がコーラまみれになってキチガイなので豆まきは断念。というかアパートを追い出される。

西日本では徐々にポピュラーになりつつある恵方巻きにチャレンジすることにする。なんか恵方と呼ばれるラッキー方角を向きながら太巻きを食べるという非常にフェラチオ的な行事らしく、豆まきに取って代わろうとする暗黒の意思を感じずにはいられない行事だ。コンビニとかで不自然なくらい宣伝されてる恵方撒き、たぶん豆売るより太巻き売ったほうが儲かるからなのかもしれないが、1億総フェラチオ化運動の一環かもしれない。

ということで、今年の恵方らしい南南東を向いてコーラを飲む。モンゴル放浪で地図もない大砂漠を旅したときに大活躍したGPS受信機を駆使して完全に南南東を向き、太巻きならぬコーラを一気飲み。コレで今年も大丈夫なはずだ。

消費コーラ
ペットボトル10本(500ml×10)
累計(初日からここまでの累計)78.12L

2月4日(25日目)
油が食いたい。油分が食いたい。コーラにサラダ油でも混ぜて飲んでやろうと思ったけど、油を飲むなんてマンガに出てくるロボットじゃないか。さすがにそれはいただけない。

ということで、油っこいコーラ料理を作ることを決意。久々に「patoちゃんの簡単料理レシピ」を書くぞー。と思ったのですが、あれは作るのが面倒、画像をアップロードするのが面倒、といった反面で得るものが少ないので、前半戦ならともかく気力体力共に死に体の今はそんな元気がない。作った方がブログに書くことがあっていいんですけど、そんなもんどうでもいい。

「エッチなサイト使って支払いがないんですがねー」

とヤクザみたいな声で携帯電話に入電。どうみても架空請求だ。

「コーラ」

「はあ?」

「コーラ」

「なにいってんの?バカにしてると大変な目にあうぞ」

「うるせえ、コーラしか飲んでない俺の気持ちが分かるか!」

ガチャ

あれほど熱い戦いをした架空請求業者もコーラのセリフに一目散。真性のキチガイだと思ったに違いない。これは今度から使えそうだ。

消費コーラ
ペットボトル12本(500ml×12)
累計(初日からここまでの累計)84.12L

2月5日(26日目)
特筆すべきことなし。コーラ風呂をやってやろうかと考えたが、どう考えても数十リットル必要。すんでのところで思いとどまる。さすがにそれはちょっとね。

肩が外れそうに痛いのでピップエレキバンを買って来る。もうコーラを見たくないとか鬱だとかそういったのを超越していて、なんだか悟りを開いたかのように清々しい気分。コーラとは命の水だ。それが100円くらいで買える今の日本に感謝しなければならない。

消費コーラ
ペットボトル4本(500ml×4)
累計(初日からここまでの累計)86.12L

2月6日(27日目)
恐ろしいことに風邪をひいてしまったようだ。どうみても栄養バランスがクソなことが原因としか考えられない。

風邪の初期症状は人によってまちまちだろうが、僕の場合タバコが不味くなる。いくら吸っても不味くて仕方がない。大人達ってなんでこんな不味いものを喜んで吸ってるんだろう、と思い始めたら黄色信号だ。

風邪とは不思議なもので「これは風邪だ」と自分で認識した時から全てが始まる。それまでどんなに体調が悪かろうと認識しなければ風邪ではない。ただ体調が悪いだけに過ぎないのだ。しかし、ひとたび風邪と認識してしまうともうダメ。この世の終わりのように全てが風邪色に染まってしまう。

タバコが不味い。のどが痛い。頭がガンガン痛い。意味もなく身震いがする。体の節々が痛い。どう考えても風邪で、コーラ生活初期から表れている「下痢」「無気力」「鬱」「唇の横が切れて痛い」と合わせると下手な廃棄寸前のロボットよりポンコツと言わざるを得ない。

しかし、風邪をひいたことで大きく不利になったと思いがちだが、実はコレ、一ヶ月コーラ生活においては大きなアドバンテージと言わざるを得ない。ここまで溢れ出す感情だとか吐露してしまいそうで極力「腹が減った」という表現を避けてきたが、そりゃあ、ちゃんとした食事を採りたい気持ちはかなりのもんだった。液体ばかり、しかもコーラばかりを飲む生活は、本当に自分を食欲の虜にしてくれる。

しかしながら、風邪をひいたことにより「食欲がない」という大きなスキルを手に入れた。空手で言うと黒帯に近いスキルだ。体がしんどいのは今に始まったことではないのでさしたる問題ではない。ただ、圧倒的に食欲がないこと、これは大きな武器になることだろう。できることならチャレンジ終了まで風邪をひいていたい。

消費コーラ
ペットボトル2本(500ml×2)
累計(初日からここまでの累計)87.12L

2月7日(28日目)
マックスハートにやばい。フラフラする。コレは確実に病なので病院にでも行こうと思ったのだが保険証が見つからなかったのでやめた。風邪薬を購入しようとも思ったが面倒なのでいってない。

夜中にハンゲームで麻雀をしていたら熱が下がってきたみたいで元気になったのでオナニーをして寝た。相変わらず透明だ。純真無垢に透明だ。

そういえばその最中、我が家の唯一の暖房器具であるハロゲンヒーターが静かに息を引き取った。僕が見ているその目の前で、突如、プツーーーンと電源が切れ、そのまま帰らぬ人となった。

1年ほど前に特価の2980円で購入したハロゲンヒーターだけに、1年もったのは御の字と言わざるを得ない。あれだけ元気に煌々と明かりを灯していたハロゲンヒーター、今はもう、動かない。切なくて泣きそうになったが、風邪で身震いがするのに暖房器具がないことのほうが泣きそうだった。こんなに寒いのにコーラなんて飲んでられない。

消費コーラ
ペットボトル4本(500ml×4)
累計(初日からここまでの累計)89.12L

1ヶ月で飲んだコーラの総量がもう少しで100リットルになるので何とか頑張って100リットルに届かせたい。あと10リットルちょっと。

体の諸データの移り変わり
年齢 29歳(1/11)→29歳(1/24)→29歳(1/31)→29歳(2/7)
身長 188センチ(1/11)→188センチ(1/24)→188センチ(1/31)→188センチ(2/7)
体重86キロ(1/11)→81.2キロ(1/24)→79.9キロ(1/31)→77.1キロ(2/7) 血圧166-121 脈拍78(1/11)→135-88 脈拍69(1/24)132-81 脈拍69(1/31)→脈拍血圧測り忘れ

コーラタワー4


2/14 コーラ生活ファイナル

コーラのみで1ヶ月生活した頭が可哀想な人の記録。ついに完結。

2月8日(29日目)
通勤片道1時間かかってるわけなんですが、なんと、1時間も耐えられないことが判明。体中を覆う気だるさがマックスで、1時間も連続してハンドルを握っていられない。どうしても路側帯に車を停めて寝てしまう。

睡眠時間自体はたいしたことなくて30分くらい。そんな短時間であろうとも完全に意識を切ってしまわないと通勤できない。あまりのポンコツっぷりに自分でも驚いた。

運転席のシートを倒し、先日金網フェンスにひっかけて破れてしまって中から羽毛みたいなのが飛び出してきて大変なジャンパーを布団代わりにかけて眠る。目が覚めると横には飲みかけのコカコーラが。アイフィールコカコーラ。体が求めてる、コカコーラ。求めてねえよ。

この1ヶ月コーラのみ生活で幾分慣れたとはいえ、やはり寝起きにコーラは相当きつい。誰だって朝から刺激を求めているわけないのに、最高潮に刺激的なものを飲むしかないのだ。本当は朝7時に起きて11時くらいまではコーラは控えたい気分なのに、それでも起きてすぐ飲まなければならない。

ちなみに、風邪がひどく、ボーっとしてると鼻水が出てきて仕方がない。未開の地の頭の悪い子供みたいに鼻水がダラダラだ。これもティッシュで拭き取ってしまえばいいのだろうが、なんとなくタンパクっぽいので体からの流出は極力避けたい。ズルズルと吸い上げてなんとか体内に留めようと努力する。

帰宅前にコンビニで買い物。便所の電球とコーラのペットボトルを買った。このコンビニの今月分のコーラの売り上げが大変なことになってるに違いない。先日、陳列棚のコーラのところが1列増えていたから間違いない。

店内を徘徊していたらクシャミが出てしまい、自分ですら「そりゃねえだろ」と言いたくなるほど鼻水がブラーンとなっていた。ボリショイサーカスみたいになってた。

その様子を女子高生に見られていて、死ぬほど恥ずかしく、なんとか回収しようと吸い上げたのだけど、ある程度ぶら下がった鼻水は重力には勝てない。仕方なくポケットティッシュで回収しました。

消費コーラ
ペットボトル6本(500ml×6)
累計(初日からここまでの累計)92.12L

2月9日(30日目)
もうここまでくると断念するとかありえない。ここで断念するくらいなら初日でやめてる。初日からカツ丼とか食っていたに違いない。そんなバカなことがあってたまるか。

しかしまあ、ココまでの道のりは長く険しく、体型も地獄の餓鬼みたいになった。コーラばっかり飲んでると唇がベトベトになって、口の横にコーラのカスみたいなのが溜まるようになるんよ。これがすごい気持ち悪い。

おまけに汗もすごいかくようになっちゃって、決してインキンとかモノノケの類ではないんだけど、陰部の横が痒くて我慢できない状態になります。決してインキンではないですが、痒かったです。掻きすぎて血とか出てた。インキンじゃないよ。インキンじゃないよ。

チャレンジ開始序盤から起こっていた鬱症状も、明日で終わりと考えると何のその、無性に元気が出てきちゃったりなんかして、夕日に向かって意味不明に「コーラ!」とか叫んでいた。頭おかしい。狂ったのかもしれない。

空元気とも取れる突然のシャウトに近所の小学生が死ぬほど驚いていた。しかし、残すところあと1日となった僕に敵などおらず、鬼武者のように元気に仁王立ちするのだった。そう、元気に、元気に、まるでロウソクの明かりが消える前兆のように。

そして、物語はいよいよフィナーレへ。

消費コーラ
ペットボトル7本(500ml×7)
累計(初日からここまでの累計)95.62L

2月10日(31日目)
何故か無性に早起きしてしまう。休日だと言うのにこんなに早く起きてどうするのか。朝っぱらなので食欲ならぬコーラ欲はほとんどないのだけど、帳尻を合わせるかのように頑張って飲み始める。ここでガッツリ飲んでおかないと100リットル摂取が達成できない。

その後、近所の電気屋さんへ。チャレンジ達成と共に放送するネットラジオを行うためマイクを買いにいく。すぐにマイクを紛失してしまうので、なんかラジオをするたびにマイクを購入している気がする。ものすごい不経済だ。

放送開始直前。いつもながらこの瞬間は緊張する。緊張してお腹が痛くなるのも恒例なのだけども、今回は液体しか出ないと言う大惨事。ラジオの準備してトイレいってラジオの準備してトイレいって。最後のほうなんて面倒だから拭いていなかったかもしれない。

午後8時、いよいよ放送開始。午後9時のコーラ生活終了までに切実なる思いや体調の悪さ、ふたなりの魅力を多くのリスナーさんに訴えかける。おまけに100リットル摂取達成のために残り1.5リットルほどを飲み干してしまわねばならない。もうゲップ連発のとんでもないラジオ放送だった。もう一度言うと、1000人単位が聞いてるラジオでパーソナリティーがゲップ連続。「つまりでゲボウすね。そういったゲプウ場合はバフウ」と、人知を超えたペースでゲップ連発。

午後9時。たいした感動もなくチャレンジ終了。1ヶ月コーラ生活なんて屁でもないといった具合の平然さだったね。現代に蘇ったサムライかと思ったわ。そしてほぼ同時に摂取量100リットルも達成。

チャレンジ終了して最初に食べたのがミカン。全く甘くなくて酸っぱい味しかしなかった。これを「あまーいミカン」と称して販売しちゃイカンだろ、という具合に酸っぱかった。死ぬかと思った。

そして次に食ったのがタコの刺身。実はコレが大好物。もう最高の気分で食べたところ、全く顎が動かない。噛み合わせがおかしい。不良に絡まれてブルってるガリ勉の下半身くらい顎がプルプルしている。

なんというか、ラジオでトークしながらタコを食ってたんですが、噛んでるはずなのに噛めないことに大きく動揺。平然を装っていたのですが、あまりの事態に我を忘れて吸盤の部分とか食べてました。

その後、高級寿司(特上)に手を伸ばしたのですが、ここでも大ハプニング。なんとパッケージを空けた瞬間にボロッと全部床に落としてしまうという大失態。高級な寿司ネタが全部、昆虫が死んだ時みたいな状態になってまたもや動揺。

しかし、せっかく買ってきた寿司を食わないのもお百姓さんとか漁師さんに悪いと思い、手近にあったコーラで洗って食ってました。すごいのな、寿司をコーラで洗うとエビの節々の隙間みたいなところから炭酸の泡が出てくるの。しかもホームセンターみたいな味がするの。お手すきな人は是非とも試してみてください。

そんなこんなで、涙のゴールとか、感動を分ち合うとか、両親が登場とか、モノマネしていたらサプライズで後ろから本人登場でコロッケがビックリして研ナオコまでビックリとか、などの大きなクライマックスもなく、極めて淡々とラジオが進行していったわけなのですが、なんとあまりの負荷にラジオを提供してくださっていたサーバーが落ちるという大失態。突如ブツンと放送が切れましたからね。放送切断時の僕の最後の言葉なんて「サンプルエロ動画」だったらしいですからね、なんちゅう後味の悪い断末魔だ。最期になんとか繋いで苦し紛れに終了宣言したのですが、もう玉音放送みたいになってたよ。

そんなこんなで、せっかく聞いてくださっていたリスナーさんに後味の悪い思いをさせたどころか、同じサーバーを利用して放送していたDJさんやリスナーさんなどに多大なる迷惑をかけてしまい、「もうNumeriは放送すんな」とまで言われてるわけですが、誠に申し訳ないとしか言いようが御座いません。

しかもウチの放送終了後も放送サーバーが何度となく落ちたようで、なんか随分昔に漏れ聞いた話によると、一度放送用サーバーが落ちると復旧しても不安定になって落ちやすくなるとか何とか、そういうのがあるらしく、どう見てもウチのせいですとしか言えないわけで、今度からサーバーの管理者の方と話し合って上限設定をつけてもらうなどの対策を講じて放送したいと思う次第なわけでございます。

特に、「かわいい女性二人が尿意を我慢する」というペレストロイカみたいなラジオ放送を楽しみにしていた方が多いようで、そんな素敵な放送もNumeriのせいで聴けなくなったというお怒りもごもっとも、僕だって聞きたいわ。ということで、そのお詫びといってはなんですが、いつかオッサン二人がウンコを我慢する放送でもするので勘弁してやってください。オムツつけてやるので勘弁してください。

そんなこんなで、方々に迷惑をかけつつ終わったコーラ1ヶ月生活ですが、達成しても何も獲るものがなかった、それどころか顎が弱るわ下痢するわ鬱になるわサーバーが落ちるわで大変で御座いました。という、失うものの方が大きい気がする結果が出たのでした。

顎が治るまで、しばらくはお粥とか食べておきます。

消費コーラ
ペットボトル9本(500ml×9)
累計(初日からここまでの累計)100.12L

−1ヶ月コーラ生活を終えて−
1ヶ月コーラのみで生活してみて分かったこと
・無気力になる
・鬱になる
・意外とお腹は減らない
・それどころか最終的には食い物を見ても気落ち悪くなる。
・体重が減る(1ヶ月で約10キロ)
・腹はひっこまずに餓鬼みたいに痩せる
・血圧は安定する
・年齢は変わらない
・常に下痢
・口内炎ができる
・お肌がつるるんする
・パチンコに負ける
・飲みすぎると吐く
・ホットコーラは意外と美味い
・炭酸を受け止める体力がなくなってくる
・性欲がなくなる
・そもそも精液に異常が出る
・意外とふたなりがイケル
・顎が衰退する
・甘味がわからなくなる
・1時間以上集中力が持続しなくなる
・近所のコンビニのコーラの陳列が1列増える
・口の横がベトベトする
・インキンではないけど陰部近くが痒くなる
・掻き毟ると血が出る
・常にゲップが出る
・ラジオサーバーが落ちる

どう見てもポンコツです。

しかしながら、子供の頃から母親に言われ続けていた「コーラを飲みすぎると骨が溶ける」「キチガイになる」といった症状はおそらく見られません。これは大いなる誤解か迷信だと思います。

ということで、巷ではコーラばかり飲み続けると「体に悪い」という印象ですが、確かに「無気力」「鬱」「顎が弱る」などなど、ほかにもポンコツ的症状がありますが、普通に一ヶ月生活できます。気分的には2ヶ月でもいけます。

1ヶ月で飲んだコーラ約100リットルを栄養成分に換算しますと、「エネルギー45000 kcal、炭水化物11.3 kg、ナトリウム7 g」のようです。他は0という潔さ。これじゃあ失う物が多すぎるかもしれない。

体の諸データーの移り変わり
年齢 29歳(1/11)→29歳(2/10)
身長 188センチ(1/11)→188センチ(2/10)
体重86キロ(1/11)76.5キロ(2/10)
血圧166-121 脈拍78(1/11)→141-88 脈拍70(2/10)

コーラタワーファイナル


[back to TOP]

twitter
pato@numeri.jp

過去日記

対決シリーズ
援助交際女子高生と対決する
悪徳SPAMメールと対決する
イタズラメールと対決する
宗教勧誘と対決する
債権回収業者と対決する
出会い系サイトと対決する
債権回収業者と対決する-おまけ
サラ金業者と対決する
出会い系サイトと対決する2
出会い系サイト対決する3
出会い系サイト対決する5
普通のカキモノ
風俗ゲーム
ひとりDEデート
帰りの会
ひとりDEクリスマス
デリヘルを呼んでみた
ひとりDEオフ会
マイルドセブンライター
家庭教師は見た
Over
マレーシアからの刺客
月が見えたらサヨウナラ
走れエロス
韓国旅日記
北海道旅日記
風俗ゲーム-新章-
嵐の中で
常識という非常識
四畳半の戦場

Numeri-FORM
おなまえ

メールアドレス

メッセージ

Numeri関連商品

ぬめり1-思い出編-
販売終了

ぬめり2-チャレンジ編-
販売終了

ぬめり3-失われた日記たち-
限定発売中
ほしい
何でもかんでもお好きなようにどうぞ。転載、引用、リンク、紹介、罵倒、恋、出版なんでもかんでも常識的範囲内で。特に承諾を得る必要はありません。